ご予約なしでお越しください。
TEL. 050-5249-6851
金沢院 毎週水曜のみ 午前10時 ~ 午後8時

HOME > 腰痛は職業病?ページ

腰痛は職業病?

腰痛は普段の生活習慣に関係します!

腰痛の原因は腰の筋肉の緊張です。
現在の仕事において、筋肉が緊張しやすい動作などが多くあれば、腰痛になりやすいと言えます。

では、筋肉が緊張する原因はというと、
次の3つが挙げられます。

【筋肉が緊張状態になる原因】

筋力以上に動かすと、筋肉は硬くなる

動かしてない筋肉は、硬くなる

骨格が歪んでいると、その周辺の筋肉が硬くなる
※カチカチに硬くなってしまった筋肉は歪みを正しても軟らかくなりません



①については、介護士さん保育士さんなどが、この原因に当たります。
筋肉を筋力以上に動かすと、次第に筋肉への酸素の供給が追いつかなくなります。
すると、筋肉内に乳酸が生じ、乳酸が酸素の役割を担うようになります。
ところが、その乳酸の量があるレベルに達してしまうと血液の流れは悪くなり、今度はその乳酸や老廃物を筋肉からスムーズに排出できなくなります。
その結果、筋肉内に乳酸が滞ってたまってしまい、筋肉が硬くなり、緊張状態になってしまうのです。





②については、デスクワーク長距離ドライバーなどが、この原因に当たります。
筋肉を動かさない状態が続くと、筋肉の中にあるカルシウムや老廃物がうまく排出されなくなり、筋肉内にたまっていきます。
そして、これらの物質は、筋肉をさらに硬く緊張させます。





③については、中腰作業者美容師さんでサイドシャンプー専属の方などが、この原因に当たります。
中腰姿勢、あるいは腰をねじったままの姿勢など、アンバランスな姿勢を継続すれば、筋肉に過剰に負担がかかり、緊張状態となってしまいます。



このように、筋肉が緊張しやすい動作などが多い仕事であれば、腰痛になりやすいため注意が必要です。
①が多い仕事の方の注意点は、痛いのに根性を出して仕事をしないこと。薬で胡麻化して仕事をしないこと。本当に悪化します。
②が多い仕事の方の注意点は、長時間同じ姿勢を取らないこと。腰が張ってきたら、姿勢を細目に変えること。
③が多い仕事の方の注意点は、①②の両方ともの注意点と同じです。



あとは、腰痛の方に必ず知っておいて欲しい注意事項ですが、
テニスボールを腰などに押し付けるエクササイズは絶対にしないでください!!
これをやると元々硬くなっている筋肉が反発して、さらに筋肉が緊張してしまいます!!
「寝返りが出来なくなった」「腰痛が悪化して歩くのも困難になった」という方が最近ものすごく増えています!!
イタ気持ちイイとか言って、されてる方が多いようですが、日に日に悪化していきますので、絶対にしないでください!!




 

お問い合わせはコチラへ!

icon 電話番号050-5249-6851
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
→メールでのお問い合わせ


ページトップに戻る