ご予約なしでお越しください。
TEL. 050-5249-6851
金沢院 毎週水曜のみ 午前10時 ~ 午後8時

HOME > 腰椎すべり症

腰椎すべり症

え!?石川県では誰も教えてくれない腰椎すべり症の原因

なんで骨がズレる?

院長の岡田です。東京で学んだことをお伝えします!!
腰椎すべり症の本当の原因とは何でしょう?
なぜ、骨がすべってズレてしまうのでしょう?
結論から申し上げます。
あなたの痛みや痺れの原因は『筋肉』です。
筋肉が硬くなることで痛みや痺れ、間欠跛行などの症状が現れます。
詳しくご説明いたします。
筋肉が硬くなると縮む力が働きます。
筋肉は、関節を挟んで骨と骨との間にあるのが一般的です。
この筋肉が縮むと、その筋肉についている骨が引っ張られます。
こうなると、骨が正常な位置からズレてしまいます。
すべり症の場合、腰椎の前に位置する大腰筋が硬くなり、縮むことにより腰椎を前方にズラしてしまいます。
そして、その状態をレントゲンで写すと、あたかも、腰の骨(腰椎)だけがズレているように写るのです。
つまり、骨がズレて症状が出るのではありません。
痛みが出るほど筋肉が縮んでいるから、骨がズレてしまうのです。

筋肉が硬いとズレて痛い?

では、筋肉が硬くなると、なぜ、痛みや痺れが出るのでしょう?
次は、この疑問にお答えします。
筋肉が硬くなると縮む力が働くことは、既にお伝えしました。
この縮む力が原因で、筋肉の間を走っている血管を圧縮し細くしてしまいます。
圧縮により、血管が細くなると、当然、その血管に流れる血液の量が減少します。
血液の流れる量が減少すると、細胞に酸素や栄養が十分に行き渡らなくなります。
この状態が続くと危険である為、その事を脳に知らせる為に痛みや痺れとして身体が感じる様になっているのです。
この様に、あなたの症状の原因は、実は血行不良です。
血行不良で痛みや痺れ、間欠性跛行、だるい、突っ張る、むくみ、冷える、重い等の坐骨神経痛と同じ様な症状が出ます。
そして、この血行不良は、先ほど申し上げたように、腰の筋肉が硬くなることで起こります。
病院の検査では、レントゲンやMRIによる画像診断が主でしょう。
しかし、これらの画像診断では、痛みに関係した筋肉、神経、血管は写りません。
写らないということは、これらを抜きにして、症状の原因を特定しようとします。
ですから、本当の原因を見誤ってしまうのです。

もっとも反対したい腰椎手術が「すべり症」です

理由は、明らかな理論的根拠がないことと、もし、この手術をして、痛みや痺れ等の症状が残ってしまうと、当院で治療を行ったとしても完治するまで、とても時間がかかってしまいまうからです。
そして、何より、治る人がほとんどおられないのが実情です。
手術の方法としましては、すべってしまった椎骨を無理やり元の位置に戻して、ボルトとプレートで固定します。
見た目は、元に戻りますが、根本治療ができた訳ではありません。
そもそもなぜ、椎骨が滑ってしまったのか?
その原因を明らかにしなければ、また、どこかに不具合が生じます。
そうすると、また別のところで症状が出る可能性が残ります。
医師からは、
「すべり症は、腰椎がズレることにより、神経が圧迫されて痛みや痺れが出ます」
という説明をする事が一般的です。
インターネット上のほとんどのサイトでも、「すべり症」といえば、同じ内容が書かれていいます。
しかし、神経を圧迫しても痛み等の症状は出ることはありません。
これは、神経の形態や機能を勉強してる者からすれば、至極、当たり前の事です。
もし本当に神経が圧迫されていたなら、麻痺(運動麻痺、感覚麻痺、もしくは、両方)になります。
麻痺とは、皮膚表面を触っても何も感じなかったり、歩くことや立つことができなくなったりすることです。(この様な状態になる事は、非常に稀です)
この様な状態になること、本当に手術が必要です。
しかし、痛みや痺れ、間欠跛行で手術をする必要はありません。
あなたが、今、「腰椎すべり症(変性すべり症・分離すべり症)」と診断され、一向に改善しないとお悩みでしたら、一度、当院にご相談下さい。
たとえ、すべり症の手術を宣告されていても、大丈夫です。
治る可能性は大いにございます。

どうやったら改善するのか?

あなたの痛みや痺れ、間欠性跛行、だるい、突っ張る、むくみ、冷える、重い等の症状の原因は、筋肉に問題があるということは「腰椎すべり症(変性すべり症・分離すべり症)の本当の原因」をお読みになり理解いただけたことでしょう。 そして、賢明なあなたなら、どうすれば治るかは、もう察しがついたと思います。 そうです。答えはひとつです。 この問題の硬くなった筋肉を軟らかくすれば、症状は改善いたします。 しかし、軟らかくすれば良いといっても、腰の筋肉に対して、絶対に行ってはいけないことが4つあります。

絶対に行ってはいけないこと

①マッサージ(揉む)

②強く押す(指圧)

③叩く

④ストレッチ(けん引)

この4つは、すべり症の方の腰には絶対に行ってはいけません。
なぜなら、これらを行うと悪化する可能性が高くなるからです。
なぜ、悪化するかは長くなりますので、省略しますが、もし、今、あなたがこれらのことをされているのなら、お止めになることをお勧めします。
では、どうすればいいのか?
揉むのも、強く押すのも、叩くのも、ストレッチもダメなら、どのようにして軟らかくすればいいのでしょうか?
そこで、「通わせない整体院じゅらく」では、『緩消法』という方法を使い、すべり症の方の硬くなった筋肉を軟らかい状態にしていきます。
この『緩消法』を使えば、今まで不可能とされていた腰にある硬くなった筋肉(長硬化筋)を軟らかくすることで、ツライ痛みや痺れ等を取り去ることができます。
腰の筋肉さえ軟らかくできれば、たとえ、「腰椎すべり症」でも“痛み”、“痺れ”は必ず治ります。
どうぞ、ご安心ください。


病院で「すべり症」と言われた人のデータ

すべり症10分での効果

【2018年6月27日(水)までのデータ】

10分間の痛み軽減効果
30代男性※ 痛みゼロ\(^^)/
40代男性 痛みゼロ\(^^)/
50代女性※ 痛み3割減
40代女性 痛み7割減(^-^)

※は、病院受診前後に他の整体や接骨院に通っていた方です。


~しっかり痛みを改善したい方へ~
再発しづらい状態まで、しっかり改善したい方は、「かほく市」の【整体院じゅらく】へ予約して、お越しください。
→かほく市の整体院じゅらくのホームページ


 

お問い合わせはコチラへ!

icon 電話番号050-5249-6851
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。
→メールでのお問い合わせ


ページトップに戻る